高齢者・介護

高齢者・介護についての事業内容などをご紹介しています。

地域支援システム

地域に住む一人ひとりの生活を支援し、人と人とのつながりによる地域を土台とし、すべての人々が自立した生活ができるよう、個人の継続的な見守りや地域の福祉活動に対する支援を行います。

主な活動内容


地域支援システムは、大阪市においては平成3年度につくられました。高齢化が進む状況に対応して地域での「高齢者の見守り」に焦点をあてたもので、地域生活から都島区段階、大阪市段階をたて糸で結び、高齢者の生活課題の解決をはかってきました。

平成18年度からは高齢者をはじめとして、障がい(児)者、児童・子育て支援、虐待など対象範囲が広がり、解決に関わる専門機関、団体なども多彩になりました。


実務者会議


医療関係者、福祉関係者、行政機関等の実務者などで構成されています。この実務者会議においては、地域ケア会議などでの事例検討結果の蓄積と共に、情報交換、コミュニティケアの推進・調整、研究・研修など、また、必要に応じた専門部会の設置を行っています。

地域ネットワーク委員会

地域における日常生活の中で、特に隣近所のたすけあいとして、見守り活動や相談支援活動をしているのが「ネットワーク委員」で、その実施のための組織が「地域ネットワーク委員会」です。ネットワーク委員会はすべての人が安心して暮らせる地域づくりを目指し、さまざまな活動を行っています。

担当窓口

社会福祉法人 大阪市都島区社会福祉協議会
[所在地]都島区都島本通3-12-31
[Tel]06-6929-9500

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

インターネットからのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ