高齢者・介護

高齢者・介護についての事業内容などをご紹介しています。

介護の相談 ~介護保険の申請から利用への流れ~

都島区地域包括支援センターでは、介護保険の申請の代行、介護保険利用の支援、要支援認定を受けた方への支援をはじめ、介護についての悩みやご相談にお応えします。また必要に応じて、他の関係機関・団体やサービス利用のご案内や橋渡しを行います。

介護保険の申請


介護保険の利用申請は、65歳以上の高齢者、あるいは40歳以上であって、定められた16疾病を持つ方が利用できます。利用のながれは以下のとおりです。

  1. 専用用紙に必要事項を記入し、介護保険証と一緒に専用封筒に入れて認定事務センターに郵送します。(申請用紙と専用封筒は、区役所、各地域包括支援センターにあります)
  2. 認定事務センターから連絡を受けた訪問調査員が自宅(あるいは入院・入所先)を訪問し、心身の状態についての聞き取り調査を行います。
  3. 認定事務センターから連絡を受けた主治医が、診断書を作成します。
  4. 2の調査結果及び3の診断書の内容によって、介護度が決定します。
  5. 決定した介護度の記載された保険証が自宅に送付されます。

申請してから結果がでるまでには、およそ1カ月程度かかります。(状況により時間がかかる場合もあります。

地域包括支援センターでは「書類をどう書けばいいか、わからない」「自分では書類を取りに行けない」などの場合の申請代行を行います。

介護保険の利用

介護保険証が手元に届くと、次はケアマネジャーを決める必要があります。ケアマネジャーは、介護保険のサービスについての説明や、どこのサービスを利用するかの選定支援、ご利用者様の心身の状況に適した利用計画の策定、介護保険の請求業務などを行う、介護保険利用の要です。

要介護1~要介護5の場合は、保険証に同封された区内のケアマネジャー事務所一覧などを参考に、個々人が連絡を取って決めていきます。地域包括支援センターでは「どのようなサービス・施設があるのかおしえてほしい」などのご相談に対応していきます。

要支援1、要支援2の認定を受けた場合は、地域包括支援センターの管轄になりますので、お住まいの地域を担当している地域包括支援センターにご連絡ください。希望をお聞きしながら、利用への橋渡しをさせていただきます。

その他、介護の相談や、介護サービスについてなど、ご相談を承っていきます。


ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

インターネットからのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ