みやこじまあんしんカプセル

ひとり暮らしの高齢者・障がい者の方などの、万が一の事態への備え。

救急時・緊急時・災害時など、自身だけでは対応ができず、支援を必要とする場合があります。そうした場合に備え、各自の医療情報や緊急連絡先などを記入したカードを「あんしんカプセル」として保管する事で、個人に関する正確な情報が伝わり、スムーズな支援につながりやすくする仕組み(自助の取り組み)です。

みやこじまあんしんカプセルについて

ひとり暮らしの高齢者などが、ご自宅で万が一の事態に備えるための取り組みです。搬送等に役立つ情報を記入した「あんしん情報カード」をカプセルに入れ、冷蔵庫内に保管すること
によって緊急時に必要な情報を伝えます。

カプセルと冷蔵庫扉には、共通のシールを貼り、カプセルの存在を明示します。 緊急時には、救助に関わる協力者が開封し活用します。






※クリックすると画像が拡大表示されます。

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

インターネットからのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ